飲む日焼け止めサプリで紫外線から肌をガード!美肌をキープ

持続時間の長さは飲む日焼け止めのサプリにより異なる

飲む日焼け止めのサプリのメリットは、続く時間が比較的長い点です。

 

それに伴って、クリームよりは塗り替え頻度などが少なくて済みますので、手間に関するメリットがあります。

 

日焼けを防止するとなると、クリーム等を用いる選択肢はあるでしょう。

 

実際薬店などでも、未だにそれがよく販売されていますね。

 

しかしクリームタイプなどは、やはり塗り替えに関するデメリットがあります。

 

ずっと効果が続く訳でもありませんし、どこかでチェンジする必要がある訳です。

 

せいぜい2時間程度しか持続しないクリームも、決して珍しくありません。

 

ところが日焼け止めサプリの場合は、それよりも効果が長持ちする傾向があります。

 

現にあるサプリメントなどは、2時間半などと明示されている訳です。

 

効果が長く続けば、それだけ利便性が良い事は間違いないでしょう。

 

ですが効果が持続する時間も、やはりサプリによって違いはあります。

 

上記は2時間半の製品ですが、別の製品ならば3時間半や4時間などの具合です。

 

それぞれの製品により、長さは異なりますから、それはサプリを選ぶ上での基準になり得るでしょう。

 

ちなみに最近では、日焼け止めサプリの比較サイトなども登場してきています。

 

それを一読した上で、時間の長さを確認してみると良いでしょう。

 

飲む日焼け止めのサプリを使っています

 

私は紫外線対策の一環として、普段から日傘や日焼け止めクリームだけに使うのではなく、飲む日焼け止めのサプリを今年から愛用するようにしています。

 

以前は紫外線にかなり敏感な肌質で、紫外線を浴びると結構すぐに肌が赤くなって火照ってしまったり、肌が熱っぽい状態になってしまうことが悩みでした。

 

しかし、飲む日焼け止めをサプリメントで続けるようにしてからは、紫外線を浴びても以前より肌が火照ったり赤くならなくなって非常に助かっています。

 

飲む日焼け止めはクリームとは違い、塗布した場所だけでなくボディ全体に効果を発揮してくれるという点もメリットだと感じています。

 

デコルテラインや首の後ろや耳など、塗るタイプの日焼け止めを塗り忘れやすい場所でも、飲む日焼け止めをサプリで飲んでおくとうっかり日焼けを防ぐことが出来るので、大変安心です。

 

肌がかなり弱い方で紫外線にも大変敏感でしたが、飲む日焼け止めがあれば真夏の真昼間の外出も安心です。

 

レジャー施設で遊んだり、テーマパークへ出掛けた際も、飲む日焼け止めを飲んでいたお陰でほとんど焼けずに済みました。

 

以前ならテーマパークへ行った後は楽しい反面、顔が真っ赤になったり身体が疲労して後悔していましたが、今年の夏は肌に異変がなかったので非常に楽しい思い出になりましたし、テーマパークへ行く機会も飲む日焼け止めがあればこれから増えそうだと感じました。

 

飲む日焼け止めサプリメントとは?

 

最近雑誌でも取り上げられている飲む日焼け止めサプリとは、名前の通り、飲んで紫外線からの悪影響を防ぐサプリメントになります。

 

最近では女優やモデルが使用していると紹介された事から認知度が高まり、人気商品となりました。

 

生産国もアメリカなどのが多かったのですが、近年になって日本製品のものが増え、安全性と品質の高さから広まり始めています。

 

日焼け止めサプリは、紫外線を直接カットする塗る日焼け止めと違い、肌のベタつきも感じずに日焼け対策ができます。

 

塗るタイプでは意外と塗り忘れが多くなりがちです。

 

塗り忘れが多い耳、頭皮などもじつは紫外線によるダメージは受けています。

 

また、皮膚が薄く繊細なまぶたなどは、塗るタイプで肌荒れを起こす場合がありますが、サプリはそのような心配もありません。

 

そして塗るタイプの日焼け止めでSPF値が高いものは皮膚の負担も大きくなります。

 

落とすときもクレンジング剤が必要になったりするのですが、サプリはそのような手間も必要ないのです。

 

絶対に焼きたくないという人は、サプリタイプで完璧な日焼け対策が出来るわけではありませんので、塗る日焼け止めとサプリ、日傘とサプリなどの併用をおすすめします。

 

サプリのメリットは飲むだけという手軽さもあげられます。

 

きっとこれまでの煩わしい日焼け対策から解放され、その快適さに手放せなくなるでしょう。